幅ナイスデイです!

ダイエット期間中に
どうしても白米を食べたくなることが
あると思います。

そんな時にオススメなのは、
「冷やして食べる」ことです。

白米等のでんぷんは一度加熱して冷やすと
レジスタントスターチに形を変えます、
このレジスタントスターチは
とても消化されづらく、
食物繊維のように働きます。

またレジスタントスターチは
大腸に届くと腸内細菌によって、

腸を守ってくれる酪酸や
脂肪燃焼を促すプロピオン酸に
変わります。

そんなこともあり
冷や飯(レジスタントスターチ)は
太りづらい食べ方なのでオススメです。

ちなみに冷やす温度は
5度くらいがいいと言われています。
これは家庭用の冷蔵庫の温度です。

江戸時代には保温器具も発達しておらず
冷や飯を食べる機会が多かったそうです。

その結果として体脂肪率も
低かったのだそうで。

ぜひ冷や飯に含まれる
レジスタントスターチを有効活用して
ダイエットに取り組んでみるのも
いいのではないかと思います!

それでは今後ともダイエット、
楽しんで取り組んでいきましょう!!

日本ダイエット健康協会
認定インストラクター

幅ナイスデイ