こんにちは、日本ダイエット健康協会の認定インストラクター幅ナイスデイです。今回は「デブを卒業!腸内環境を整える4つのルール」というテーマでお届けしたいと思います。

はじめに


ここのところ「腸活ブーム」といわれます。腸活というのは腸内環境を整えることで、ダイエット効果を得たり、肌をキレイにしたり、本質としては「内からキレイに」を目指していくものになります。腸内環境が整うと痩せ体質になります。食べているのに太らないタイプの人がいますが、その理由の1つに「腸内環境が整っている」(デブ菌が少なくヤセ菌が少ない)というのが挙げられるかと思います。これは自分の中でルール化することで割と簡単に実現することができますので、早速「腸内環境を整える4つのルール」を見ていくことにしましょう。


腸内環境を整える4つのルール

ルールその1:和食をセレクトするようにする



腸内の善玉菌を増やすには和食をセレクトするのがオススメです。和食には便通をよくして肌をキレイにする食材がたくさん含まれています。ジャンクフードの食事を控えるのもポイントですね。肉を食べるならお魚を(肉を食べるときんは野菜をたくさん)、お味噌汁や納豆、そして発酵食品のしょうゆもたらしつつ、あとは豆腐や漬物ですね。そしてちょっと気にかけたいのが白米。和食の王道ではありますが、出来れば食物繊維を多く含む玄米にかえてあげられるとより良いです。玄米に変えてあげることで血糖値があがりづらくなって無駄に脂肪を溜め込むのを防いでくれます。

ルールその2:乳酸菌を含む「発酵食品」を食べる



乳酸菌を多く含む発酵食品も腸内環境を整えてくれるので積極的に食したいところです。ちなみに植物性と動物性があるのですが、どちらかというと積極的に食べたいのは「植物性」のほうです。みそやしょうゆ、納豆や漬物が代表的な例です。またチーズやバターなどの「動物性」も効果がない訳ではありません。ただ微生物と共存できないため、腸内に届きづらいのが欠点です。それでも整腸作用はありますので、摂取していきましょう!

ルールその3:レジスタントスターチを摂取する



レジスタントスターチは難消化性でんぷんのことで、冷えた炭水化物に多く含まれます。胃で消化されづらいので、そのまま腸に到達します。そして腸内でヤセ菌のエサとして働き、結果として腸内環境を整えることができます。レジスタントスターチが多く含まれるのは、「冷たいそば」「ポテトサラダ」「冷たいおにぎり」「冷やし中華」などです。ぜひ腸内環境を整える目的で食してみてください。(もちろん食べすぎには注意です)

ルールその4:良質な油を意識してとる



腸内環境を整える油の王道は「オリーブオイル」です。ぜひ小さじ1杯/食を目安に摂取してみてください。みそ汁にたらしたり、ヨーグルトにかけたり、納豆にたらすのもありです。またオメガ3脂肪酸を含む「ココナッツオイル」もオススメです。ココナッツオイルに含まれる中鎖脂肪酸は、脂肪がエネルギーとして利用されるのを手伝ってくれます。(このときは糖質を控えていたほうがよりよい)また青魚やまぐろに含まれる魚油も腸内環境を整えるのに一役かってくれますので、ぜひ積極的に摂取したいもののになります。


おわりに


今回はデブを卒業!腸内環境を整える4つのルールというテーマでお話しました。腸内環境はちょっとしたルールを守るだけでみるみる変えていくことが出来ます。腸内環境が整うとダイエットに成功しやすくなるだけでなく、美肌が手に入ったり、髪にもツヤが出てきます。そんなこともあり腸内環境を整えていくのはとてもオススメなので、ぜひ今日紹介した4つのルールを参考にして、腸内環境を整えてもらえたらと思います。その恩恵は大きいですよ。ということで以上、日本ダイエット健康協会の認定インストラクター幅ナイスデイがお届けしました。あなたのダイエット成功を心から願っていますね!