白湯ダイエットで痩せる3つの理由とやり方とは?



こんにちは、

日本ダイエット健康協会
認定インストラクターの
幅ナイスデイです!


今日は、
「白湯ダイエットで
痩せる3つの理由とやり方」
についてお話をしていきたいと思います!


最近話題の白湯ダイエットとは?






冷ましたお湯を飲むだけで
痩せ体質になれると噂の白湯ダイエット。

カラダの巡りがよくなって、
その結果として毒素も排出されて
代謝がよくなる

という仕組みです!


白湯ダイエットで痩せる3つの理由とは?



その1:内臓機能が活発になって老廃物が排出されるため





白湯を飲むと内臓が温まります。
その結果として排泄機能も活性化して、
老廃物が排出される仕組みです。


その2:血液の循環が良くなるため






白湯を飲むと内臓が温まります。
ちなみに内臓温度が1度あがると基礎代謝が
約10~12%あがると言われているので、
痩せ体質になる!という訳です。


その3:尿量が増えて、余分な水分を排出するため






白湯を飲むと体温が
高くなって血流があがるとともに
リンパの流れもよくなります。

そうすると体内で滞っていた余分な水分を
尿として排出してくれます。

その結果としてむくみが解消される訳です。


正しい白湯の作り方とは?



白湯の定義としては、
「キレイな水をフタをはずした
やかんで10~15分沸騰させて
その後冷ましたもの。」
となっています。

電子レンジやポットを
使いたいところではありますが、
(もちろんそれでも効果はある)

ここはやかんで作る
正しい方法を紹介したいと思います。



ステップ1:やかんを火にかける






インドの伝統医学「アーユルベーダ」によると
「火」のエネルギーは人間が生きていくうえで
欠かせないものの一つと考えられています。

そこで白湯を作るときには
やかんを使って火で温めるようにします。


ステップ2:沸騰したまま10分まつ






そのまま沸騰させ続けることで
「風」のエネルギーを送りこみます。

その意味合いもあって、
ここではやかんの蓋を空けるのがポイントです。

※蒸発してしまうので少し多めに作っておくのがいいですね!


ステップ3:カップに注ぐ







ゆっくりと火を止めてカップに注ぎます。
そしてそのまま50度くらいまで下がるまで待ちます。(ちょっとフーフーやって飲めるくらい)

ここで少しでも早く飲むために
水で薄めたくなりますが、

そうするとエネルギーのバランスが
崩れてしまうのでNGと言われています。



一番のオススメは目覚めの一杯






朝は身体から水分が抜けて
さらに胃腸が冷えているときなので、

白湯をゆっくりと飲んで
内臓を温めるようにします。


できればひと口ずつゆっくりと
10分くらいかけて飲むのが理想です。

そうすると胃腸の消化機能が
活発になって、キレイな排泄に繋がり

その日1日元気に過ごすことが
出来るようになると思います!


注意点は?



白湯は飲み過ぎてしますと
逆に身体に水分が残って
むくみの原因になったり、

また胃の消化液が薄まってしまって
消化不良を起こしてしまうこともあります。


ですので、1日に800mlくらいに
抑えておくのがいいと思います。


また冷めすぎると胃腸が温まらずに
効果が半減してしまうことになるので、
50度前後で飲むように心がけられると
いいと思います。



白湯以外は何を飲めばいい?


デトックス(老廃物排泄)
を狙っていくときには

白湯以外ですと
常温のお水やお茶やハーブティ
を飲むのがオススメです。

また脂肪分解を狙って
ブラックコーヒーを飲むのもありです。

くれぐれも砂糖入りのジュースは
飲まないようにしてくださいね!



アレンジはどんなのがある?


そのままの白湯を
楽しんで欲しいところではあるのですが、

なんだか味気ない!
と感じることもあるかと思います。


そんなときにオススメしたいのは
「ショウガ白湯」です。

ショウガのジンゲロールという成分が
身体をより温めてくれて、
効果が倍増すると言われてます。


まとめ


ということで今日は
「白湯ダイエット」を紹介させてもらいました。


どんな朝を過ごすかで
その日1日が決まってしまうと言っても
過言ではないので、

ぜひ今日の記事を参考にして
素敵な朝を過ごし、

ダイエットライフをエンジョイして
もらえたらと思います!!






今日もお読みいただきまして
ありがとうございました!!


これからも引き続きダイエット、
楽しんでいきましょうね~~~



日本ダイエット健康協会
認定インストラクター
幅ナイスデイ