こんにちは、日本ダイエット健康協会の認定インストラクター幅ナイスデイです!今回は「痩せる脳を作る6つのポイントとは?」というテーマでお話したいと思います。

はじめに

世の中にはたくさんのダイエット法があります。そうした中でAさんとBさんがまったく同じダイエットに取り組んだとして、Aさんは結果が出てBさんは結果が出ない、なんてことが起こることがあります。全く同じダイエット法を実践してるのに違う結果が出てしまう。これはもちろん多少なりとも体質も関係していると思いますが、一番の要因としては「痩せる脳かどうか?」によるところが大きいです。すなわち考え方!です。ちょっと漠然としているかと思いますので、痩せる脳とはどんな脳なのか?について見ていくことにしましょう。

痩せる脳とはどんな脳なのか?



痩せる脳のポイントとして鍵を握ってくるのは「セロトニン」というホルモンです。このセロトニンというホルモンが多ければ多いほどダイエット成功への道が近くなります。セロトニンは別名で幸せホルモンとも呼ばれることがあって、ストレスを緩和させたり、あとは心を落ち着かせたりする役割があります。つまりこのセロトニンが多ければ、少量の食事でも満腹感が持続したり、ストレスを解消して気持ちを安定させることができるので、ポジティブにダイエットに取り組むことが出来るようになります。それではセロトニンの分泌を増やすにはどうすればいいのか?を見ていきたいと思います。

セロトニンの分泌を増やす方法

1、腸を温めてセロトニン分泌の指令を出す



人の腸は温まることで、セロトニンを出す指令が脳に伝わる!と言われています。ですので常に温かいものを飲んだりすることで、あとは腸を冷やさない努力をすることで、セロトニンの分泌を促進させるようにします。

2、首のマッサージをする



首にはたくさんのツボがあって、首をマッサージすることでセロトニンの分泌を促すことが出来ます。ですので仕事でデスクワークをしながらも、すき間時間には首のストレッチをしたり、つけ根の部分を押してあげることでセロトニン分泌を促進させましょう!

3、スキンシップを頻繁に!



人はスキンシップを取ることでセロトニンの分泌が促進するとされています。ですので、家族や恋人やペットとのスキンシップは頻繁にとっていきたいところです。ハイタッチや握手をするのもとてもいいことだと思います。

4、太陽の光を浴びる



セロトニンは朝起きるとセロトニン神経が刺激されて、セロトニンの分泌がはじまると言われています。ですので朝起きてカーテンをあけて新鮮な空気を吸いながら、太陽の光を浴びる。これがセロトニン分泌を促進させてくれるので、ぜひ毎朝、太陽の光を浴びるようにしたいところです。

5、セロトニン分泌を促す食事をする



食事によってセロトニンの分泌を促すことが可能です。具体的にはトリプトファンの含まれる食材(大豆食品に多く含まれている)を摂取したりとか、カツオやマグロなどの赤身の魚、そして肉や牛乳、そしてチーズなどの乳製品などを積極的に食べることでセロトニンの分泌を促すことが可能です。

6、セロトニン分泌を促す運動をする



ウォーキングやジョギングをすることがセロトニンの分泌を促すには最適です。時間としては歩き(走り)始めて15分ほどするとベータエンドルフィンというホルモンが出て、そのあとにセロトニンが分泌されると言われています。気持ちのいい汗をかいて、どんどんセロトニンを分泌させたいところです。


おわりに

今回は「痩せる脳を作る6つのポイントとは?」というテーマでお話しました。痩せる脳とはすなわちストレスを感じない脳です。言い換えると「幸せを感じられる脳」ということですね。セロトニンがたくさん分泌されるとダイエットに成功するだけではなく、いろいろな面で人生が好転してくるのではないかと思います。ぜひ参考にしてみて下さいね!