こんにちは、日本ダイエット健康協会の認定インストラクター幅ナイスデイです。今回は「居酒屋でお酒を楽しみながらも太らない3つのポイントとは?」というテーマでお話したいと思います。

はじめに

ダイエット中のお酒は太る、というイメージを持っている人も多いと思います。実際にお酒を飲むとアルコール分解にエネルギーを使うので、その分糖質の代謝が落ちて脂肪が蓄積しやすい状態になってしまいます。

ただ完全にお酒を遮断してしまうとそれはそれでストレスになってしまう可能性もあります。そこで今回は「楽しくお酒を楽しみながら痩せる3つのポイント」ということで、お酒を楽しみながらもダイエットに取り組んでいく方法をお伝えしたいと思います!


楽しくお酒を楽しみながら痩せる3つのポイント

ポイント1、お酒は蒸留酒をベースにする

まずはお酒の種類を知っておきましょう。お酒には「醸造酒」と「蒸留酒」があり、それぞれ太りやすさが違います。これを意識するだけでも居酒屋での過ごし方が違ってくるのでぜひチェックしてみてください。

醸造酒について(ビール、日本酒、ワインなど)

醸造酒というのは酵母を使ってアルコール発酵させたものになります。ビールや日本酒やワインなどがこの手のものです。

例えばビールは麦芽を酵素を使って発酵させデンブンから糖へと分解し、そこに酵母を加えて発酵させたものです。日本酒は麹を発酵させたもので、また果物に酵母を加えて発酵させたのがワインになります。これらはどちらかというと糖質が高めの傾向があります


蒸留酒について(焼酎やウイスキー、ウォッカ、ブランデーなど)

蒸留酒というのは、醸造酒を蒸留させたものです。例えば焼酎やウイスキー、ウォッカ、ブランデーなどです。これらはアルコール度数が高めの傾向があり、また糖質は低めの傾向があります


糖質が少ないお酒を選ぼう

お酒を選ぶときは糖質が少ないものを選ぶようにします。すなわち、焼酎やウイスキー、ウォッカ、ブランデーなどの「蒸留酒」です。

もし糖質が高いお酒をセレクトすると、お酒に含まれる糖質が血糖値をあげて、インスリン(別名肥満ホルモンともいう)が分泌されます。この結果として脂肪が付きやすい状態が完成してしまいます。

ですので、蒸留酒のような糖質の低いお酒をセレクトすることで血糖値の上昇を防ぐようにします。


居酒屋でお酒を飲むなら・・・

焼酎やウイスキーが強くて飲めない!というときには、「ハイボール」や「烏龍ハイ」や「緑茶ハイ」がオススメです。また糖質オフの発泡酒を飲むのもありです。

最近だと糖質量がかかれた成分表が記載されていることも多いので、とくかく糖質を気にかけてお酒を選ぶようにします。

また醸造酒のワインもどちらかというと糖質が低めのお酒になります。特に赤ワインに含まれるポリフェノールは腸内環境を整えてくれるので、オススメしたいお酒の1つです。


代謝を高めるために

アルコールを楽しみつつも、アルコールを早く分解することで負担を減らして、太りづらくするのも1つの方法です。そのときにオススメなのは、レモンやライムなどの果汁を加えて飲む、ということです。

果物はアルコールの分解を促す役割があり、であってビタミンも摂取できるので一石二鳥という訳です。



ポイント2、おつまみは糖質の低いものをセレクト

お酒を飲んでいるときというのはアルコールの分解が最優先されるので、おつまみを気にかけないと太ってしまうことになり兼ねません。

ちなみにおつまみを選ぶときのポイントとしては「糖質が低いもの」を選ぶときの最大のポイントとして考えるようにします。また高タンパクで食物繊維が豊富なものがなおいいです。


太りづらいおつまみ

キュウリの浅漬け、枝豆、焼き鳥(塩味)※たれは糖質が高くなります、海藻サラダ、刺身、酢の物、塩ダレキャベツ、豆腐、ホッケ一夜干し、馬刺し、たこキムチ、ガーリックチキンステーキ、レバニラ炒め、串焼き盛り合わせ、炙りしめさば、さっぱりトマト、など
※これらは糖質が低めの傾向があります。


太りやすいおつまみ

ピザ、パスタ、お茶漬、春雨サラダ、ラーメン、山盛りポテトフライ、たこ焼き、お好み焼き、たこ焼き、焼きそば、スイーツ系、など
※これらは糖質が高めの傾向があります。



ポイント3、お酒の場を楽しむ


お酒の場を思い切り楽しむのも大切です。普段ストレスを抱えて生活している訳なので、息抜きしましょう。

もしも会社の飲み会の場合でもこのときばかりは少しはリラックスしてもいいのではないかと個人的には思います。

もちろん上司や取引先に粗相があってはいけないと思いますが、相手も人間です。普段話せない話をして仲良くなるチャンスなのではないかと思います。


おわりに

ということで今回は「居酒屋でお酒を楽しみながらも太らない3つのポイントとは?」というテーマでお話してきました。

確かにお酒を飲まない方が太りづらいのは確かですが、お酒を遮断することでストレスを抱えてしまい結果として太ってしまうのは一番よくありません。

そこで今回紹介した「お酒は蒸留酒をベースにする」「おつまみは糖質の低いものをセレクト」「お酒の場を楽しむ」の3つを意識しながら、お酒を楽しみながらも太らない飲み方をしてもらえたらと思います!お読みいただきありがとうございました!


PS

たくさんの応援のお陰で人気ブログランキング
「健康ダイエット部門」1位を継続できています。

今回の記事が良いものだと感じてくれた場合、
以下をクリックして引き続き応援いただけると嬉しいです!
(1日1回ポチできます)

幅ナイスデイを応援する!

シェアされたり誰かに知られたり
することはないので安心してね!!
(登録とか一切なくクリックで終了です)