こんにちは、日本ダイエット健康協会の認定インストラクター幅ナイスデイです。今日は「半身浴で痩せるため、気にしたい5つのこととは?」というテーマでお話したいと思います。

はじめに

女性の間で半身浴が人気です。半身浴というのは40℃前後のお湯に、カラダの半分だけつかる入浴法のこと。好きな本を読みながら、または好きな音楽を聞きながら、気持ちいい汗をかくことが出来ます。またその過程で老廃物が排出されて代謝もあがるのでダイエット効果も期待できます。ただやり方を間違うと効果が半減してしまうので、ダイエット効果が最高潮になる正しい方法を確認しておきましょう。

半身浴はこの5つを気にしましょう

1、頭寒足熱(ずかんそくねつ)を意識する



頭寒足熱というのは、足元を温かくして頭を冷やすことです。自律神経が整って免疫力が向上して、健康にいいとされています。半身浴をするときもこれを意識します。温度は40℃くらいで20分ほど、みぞおちくらいまでお湯につかります。このとき手は出していたほうがいいと言われるので本を読むことが出来ますね。額や上半身から汗がじんわり出てくるのがベストなのですが、もし背中など寒さを感じたときには、湯船の温度をあげるか、我慢せずに肩にかけ湯をしましょう。そしてその後、また頭寒足熱の状態を作ってあげて、代謝をあげていきましょう!

2、入浴剤にこだわってリラックス



半身浴は通常よりも長く湯船につかることになるので、ぜひりラックスしながら行いたいところです。そこでラベンダーやハーブの入浴剤をいれることでリラックス効果をあげることが出来ます。また保温力の高い入浴剤もあるので、試してみるのもいいと思います。

3、グーパー運動を行う



湯船につかっているときは血流も普段よりよくなっています。もしも冷え性の場合には、ここぞとばかり手と指の「グーパー運動」を行いましょう。すると末端の血管まで血液が流れるようになって冷え性を改善につなげることが出来ます。

4、常温の水をちびちび飲もう!



お風呂の中に常温の水をおいて、半身浴中にちびちび飲むようにします。半身浴はジワジワと汗をかくので、それにあわせて飲むイメージですね。出来れば半身浴の前に先に水分補給をして、それから半身浴するほうがいい汗をかけるのでオススメです。

5、リラックスする気持ちを持つ



半身浴はいいリラックス効果をもたらします。ですので、このときばかりは日々のストレス社会と切り離してリラックスしたいところです。鼻歌をくちずさんだり好きな本を読んだり、あとは好きな音楽をかけながら(防水のスピーカーなどで)半身浴するのがいいですね!



おわりに~半身浴で痩せるために気にしたい5つのこと!

ということで半身浴で痩せるために気にしたい5つのことを紹介しました。頭寒足熱(ずかんそくねつ)という聞きなれない言葉が出てきてちょっととまどったかもしれませんね(笑)とにかくダイエットは汗をかくというのはとても大切です。汗をかくことで老廃物が排出されるので代謝をグングンあげることが出来ます。半身浴というのは時間をかけてじっくり出るとてもいい汗なので、ぜひ今回の記事を参考にして素敵な汗をかいてもらえたらと思います。ということで日本ダイエット健康協会の認定インストラクター幅ナイスデイがお届けしました。お読みいただきありがとうございました!