停滞期が来たらチートデイ?正しいやり方と注意点



こんにちは、

日本ダイエット健康協会
認定インストラクター
幅ナイスデイです!


今日は、

停滞期が来たらチートデイ!?
正しいやり方と注意点!

というテーマで
お話したいと思います。



ダイエット中に必ず訪れる停滞期







ダイエットを行っていると
かならず停滞期が訪れます。

これは人間の身体に備わっている
「ホメオスタシス機能」が
深く関わっています。

ホメオスタシス機能というのは
人が生きていくために必要な
「体温、血糖値」などを外部環境が
変わっても常に正常に保つための働き!
のことをいいます。


つまり順調に痩せていったとしても
身体が体温や血糖値を保つために
「そのままでいよう」(痩せないでいよう)
とする機能のことです。



停滞期を乗り切るにはチートデイ






停滞期が訪れたときは
チートデイを設けるのが有効です。

チートデイというのは、ダイエット中に
いっぱい食べても大丈夫な日!
のことをいいます。

正しく行うことで
ダイエットの停滞期を解消できて、
逆にスルリと体重が落ちていく
効果を見込むことが出来ます。



チートデイにするかどうかのチェックポイント



ではチートデイにするかどうか?
のチェックポイントを見ていきたいと思います。

体重が減らなくなる原因は
主に以下の3つになるのですが、
そのどれに当てはまっているか?
によって対応が変わってきます。

そこでまずは
体重が減らなくなっている原因は何なのか?
を見ていきたいと思います。



体重が減らなくなる3つの理由


それではどんなときに
体重が減らなくなるのか、
3つの理由を見ていきたいと思います。


1、糖質制限(食事制限)をしてて減らなくなったとき






糖質制限(食事制限)をしてて
体重の変動がなくなったときは、
「チートデイ」を設けると
再び体重が減っていく可能性があります。

この場合は「チートデイ」
を設けていくのがオススメです。


2、食事が何かに極端に偏って減らなくなったとき






「野菜ばかり」「お肉ばかり」「豆腐ばかり」
など食事が何かに偏って体重が減らないときには
栄養が不足している可能性があります。

そこでチートデイを設けるのではなく
必要な栄養素を摂取するようにします。


このような場合には
停滞期は栄養バランス!体重が減らなくなる3つの理由と解決法!を参考にして
停滞期からの脱出を図ってみて下さい。



3、お酒を飲み過ぎて減らなくなったとき






肝臓はお酒を分解する場所として有名です。
そして同時に肝臓は筋肉の合成や
脂肪の分解を行う場所でもあります。

お酒を飲んでアルコールが体内に入ったとき、
アルコールを分解することは
身体にとって優先度が高くなるため、

脂肪の分解であったり
筋肉の合成が行われづらくなります。

そうなることで
脂肪が減りづらくなるのは
よくよく考えられるので、

もしもアルコールを大量に飲む習慣が
ある場合には控えるようにしたいところです。



4、消化器系の働きが悪くなって減らなくなったとき







ダイエットに取り組んでいて
スープやゼリー、ウイダーインゼリー、みそ汁など
噛まなくても食べられるものを
口にすることが多くなる場合があります。

そうしてると胃や腸があまり使われず
徐々に消化器系の働きが悪くなってしまい、
結果として代謝が悪くなることがあります。


このような場合には
チートデイを行うわけではなくて、
固形物を食べる習慣に戻していくことで
胃や腸の働きが活性化するので
代謝がよくなっていく場合があります。


もしも思い当たる場合には
固形物を食事の中で取り入れてみて下さい。



チートデイでは何をどのくらい食べるか?








チートデイにガツっと食事をすることで
省エネモードになっている身体を
「省エネ解除」することを目指していきます。

それではチートデイの
食事内容を見ていきましょう!


ちなみに食べる時の考え方としては
「高糖質、高脂質、高タンパク質」
を目指していくことになります。



例えば、

ラーメンやご飯(高糖質)
ステーキや揚げ物(高脂質)
魚やチーズ、納豆やプロテイン(高タンパク)

これらを食事に取り入れます。


ちょっと勇気がいりますし
食べた分だけ体重が増えてしまいますが、
(すぐに脂肪になる訳ではない)

そのあと身体の省エネが解除
されることを見越して、
遠慮せずに食べます。


注意点(ポイント)は何があるか!?






チートデイのポイント
「遠慮せずに行う」ということです。

通常行っている食事制限とは
反対のことなので躊躇もあるかと思いますが、
そのままの状態だと
省エネ状態が続いてしまい、
停滞期が長引いてしまうことになります。


「大食い=悪」

という考え方を取り除いて
今回かぎりは、

「大食い=善」と発想を変えましょう。



ただいきなり暴飲暴食のごとく
食事を口の中に取り入れてしまうと、

胃腸に負担がかかってしまい
それはそれで問題があります。


ですので、
チートデイに食事を行うときにも

事前に野菜などで食物繊維をちゃんと取り、
またありきたりですが「よく噛んで食べる」
ことは忘れないようにして欲しいと思います。



またチートデイだから
何でも食べていいのでお菓子を食べよう!
などとするのではなくて、

質のいいものをゆっくり味わいながら
食べれるといいと思います。



あとチートデイの翌日は気が抜けてしまい、
食生活が乱れがちになることがあります!


ですので、

チートデイの翌日は
より一層食生活はビシっと
正していきましょう!!



目安としては週に1回?






チートデイは目安としては
1週間に1回が目安になります。

またチートデイはお腹を満たす目的で
行うものではありません。

ですので、
お腹が減ったからチートデイにしよう!
というのは完全にNGです。


仕事が休みの毎週土曜日は
遊びも多いのでチートデイにしよう!

などといった感じで
ライフスタイルに取り入れて
しまうと取り組みやすいですね。

(その代わりその他の曜日は食事を守りましょう)


まとめ



今回は、

停滞期が来たらチートデイ!?
正しいやり方と注意点!

というテーマで
お話させてもらいました。



ダイエットに取り組む上で
停滞期はとてもつらいものです。

やっぱり成果が出ないと
モチベーションも下がって
しまいがちになりますからね。


ただチートデイを設けることができ、
「いい息抜きになる」
とプラスの発想をすることで

停滞期も乗り越えていけるのでは
ないかと思います!






それでは引き続き
ダイエットライフをエンジョイしていきましょう!


お読みいただきありがとうございました!


日本ダイエット健康協会
認定インストラクター
幅ナイスデイ