こんにちは、

日本ダイエット健康協会
認定インストラクター
幅ナイスデイです!


今回は、
「下半身デブの原因とは?」
というテーマでお話したいと思います。







下半身デブの原因



それでは早速
下半身デブになる原因を
見ていきたいと思います。

全部で7つあります。



1、骨盤のゆがみ






骨盤が歪んで
足が太くなってしまうパターンです。

骨盤が歪んでいると血流が悪くなってしまい、
老廃物が蓄積しやすくなります。

その結果として足が太くなってしまうので
可能性がある場合には、
骨盤矯正の体操を取り入れたいところです。


2、リンパの詰まり






リンパが詰まりそれを放置した結果として
脂肪がセルライト化してしまうことがあります。

そうならないためにも
太ももやふくらはぎのリンパマッサージは
お風呂上りなどに定期的に行いたいところです。


3、カップ麺・菓子パンの食べ過ぎ






カップ麺や菓子パンの食べ過ぎは
胃腸を荒らしてしまうことに繋がります。

胃腸が荒れると身体の循環機能が乱れ、
結果として老廃物が体内に留まってしまいます。

そうならないためにも
カップ麺や菓子パンの食べ過ぎには注意したいところです。


4、砂糖の大量摂取






砂糖は脂肪の蓄積を助けるとともに
水分を身体にため込むのも手伝います。
(水太りの要因となる)

スイーツを大量に食べ過ぎてしまうと
デブ一直線なので注意が必要です。



5、筋力不足






筋力が不足していると
リンパの詰まりを引き起こし、
老廃物が体内に蓄積してしまいます。

また筋肉が硬いと血流が悪くなり
老廃物が体内に蓄積してしまいます。


これらのことが原因で
足が太くなることがあるので、

筋力アップを図りながら筋肉を動かし
ストレッチをして筋肉を
柔らかくすると良いです。




6、冷え性






冷え性の場合は血流が滞ってしまい、
老廃物が体内に滞りやすくなります。

血液が巡らない場所には
脂肪もつきやすい傾向があるので、
身体を冷やさないようにするのも
意識したいところです。

とくに足は冷えやすいので
注意したいところです。



7、塩分の取り過ぎ





塩分は水分と相性がよくて、
塩分を摂り過ぎると水太りしやすくなります。
(むくみに繋がる)

ですので、
塩分の取り過ぎには注意したいところです。



おわりに



今回は
下半身デブの原因とは?
というテーマでお届けしました。

ちょっとした心がけで
下半身デブを防ぐことができるので、
ぜひ今日の話を意識してみて下さい。





それでは引き続き
ダイエット、楽しんでいきましょうね!!


日本ダイエット健康協会
認定インストラクター

幅ナイスデイ