こんにちは、日本ダイエット健康協会認定インストラクター幅ナイスデイです!ダイエットに取り組む人の多くは日々の不摂生が原因で「腸内環境が乱れた状態」になっています。この状態ではいくら食事や運動を気にかけたとしても効果が半減してしまいます。そこで今回は腸内環境を整えるプロ納豆をクローズアップして「ダイエットに納豆を食べるべき3つの理由」というテーマでお話したいと思います。

ダイエットに納豆を食べるべき3つの理由

1、納豆菌が善玉菌を徹底サポートするため

納豆菌は腸内において、善玉菌の毒になってしまう活性酸素を分解する酵素と、善玉菌のエサとなる栄養を作り出して、善玉菌をサポートします。この結果腸内環境が整って痩せやすいカラダをに変えていくことができます。

2、大豆オリゴ糖が腸内環境を整えてくれるため

納豆には大豆オリゴ糖が含まれます。大豆オリゴ糖というのは胃腸で消化されにくい難消化性の糖で、腸までちゃんと届くので、腸内細菌のエサになり腸内環境を整えてくれます。

3、大豆イソフラボンが不調を防いでくれるため

大豆イソフラボンというのは抗酸化力が強いポリフェノールの一種で女性ホルモンのエストロゲンとにた構造を持っています。女性ホルモンの低下やホルモンバランスの乱れによって月経前症候群や骨密度の低下などの不調になることがありますが、これらを軽減してくれます。

いつ食べるのがいいか?



納豆を食べるタイミングとしては夜がいいといわれています。なぜかというと腸が一番動くゴールデンタイム(22時~2時)の前に納豆を食べておくことで、ゴールデンタイムのときに腸内をキレイにしてくれるからです。ですので朝に食べるイメージが強い納豆ですが、ぜひ夜の納豆も試してもらえたらと思います。

どのくらい食べるのがいいか?



納豆を食べるのは1日1パックが適量です。よく3パックセットが売っていますが、1パックに抑えておくのがいいと思います。理由としては「セレン」という栄養成分がマイナスに働く可能性があるからです。セレンは強い抗酸化作用があって細胞の老化を防いでくれるのですが、逆に摂取しすぎてしまうと嘔気や嘔吐、肝機能不全などの中毒症状が起こる危険性があるといわれています。1日5パックほど食べるとマイナス方向に動いてしまう可能性があるので、1日1パックが理想というわけです。


アレンジして食べてみよう



納豆にキムチや豆腐やアボカド、そしてオリーブオイルを入れることで、よりダイエット効果を加速させることができます。ぜひお好みに合わせて試してみてほしいと思います。


納豆のタレには大量の糖質が含まれているので注意



ちなみに納豆のタレには大量の糖質が含まれているので注意が必要です。ですのでタレを入れるとしても少量にするか、タレではなく発酵食品のお醤油を入れるのもいいと思います。


まとめ


ということで今回は「ダイエットに納豆を食べるべき3つの理由」というテーマでお話しました。納豆は日本に根付いた食べ物ですし、ダイエット中は1日1パックを目安に積極的に摂取してほしいと思います。ちなみに余談ですが、タレや醤油を入れてから混ぜるのではなくて、先に混ぜてからタレや醤油を入れるとより美味しく食べられるそうですよ!そちらもぜひ参考にしてみてください(笑)以上日本ダイエット健康協会認定インストラクター幅ナイスデイがお届けしました!