こんにちは、日本ダイエット健康協会の認定インストラクター幅ナイスデイです。今回は「ストレス食いから抜け出す7箇条」というテーマでお話したいと思います。

はじめに

日々の生活を通して大きなストレスを抱えてしまって、それがストレス食いに繋がっているケースをよく見ます。「ストレス→過食」という図式が成り立っている状態です。ストレスでスナック菓子を食べ過ぎてしまうや、だらだらと甘いものを食べてしまうケースです。こういった場合は、「やめよう」と思うだけでは改善されずに、むしろやめられないことがストレスになってしまってさらなる過食を招いてしまうケースもあります。ですので、過食をやめようとするのではなく自分の心と向き合ったり、あとはカラダに直接働きかけるほうが重要になってきます。

ストレス食いから抜け出す7箇条

第一条、部屋をキレイにして心スッキリ



部屋の中にゴミが散らかっていて、それがストレスになっているケースがあります。部屋は心の状態を表すとも言われるので、キレイにしておきたいところです。また部屋が散らかっているのは体力が落ちてしまっている場合もあります。体力不足で面倒に感じてしまって、部屋が汚くなるパターンです。そういったときには近所を散歩するなどして体力をつけるのも1つの戦略です。また部屋を掃除するときには食べたくないお菓子などは思い切って捨ててしまうのもオススメです。我慢する必要がなくなるだけで、それはそれでストレスがなくなります。

第ニ条、食事のときには五感を使って食べる



早食いをしてお腹に詰め込むだけでは満足感は少なくなってしまいます。そうならないためにも食事のときには五感をフルに使って食事するようにします。具体的には、まずは見た目、そしてニオイ、色、などです。そして触感であったり、あとは「味」などです。これらをフルに活用して食事することで、食事による満足感を高めるようにします。また友達と笑顔で一緒に食事するのもありですね!どうしても1人で食べていると無駄に食べてしまうことがあります。友達と話しながら食べることで、ゆっくりと食欲を満たしていくのは賢い方法といえるではないかと思います。

第三条、カラダを冷やさないようにする



カラダが冷えていることで循環機器の働きが悪くなって細胞に栄養が巡らないために、カラダが栄養不足と勘違いして、ニセの食欲が誘発してしまっているケースがあります。このような場合には、とにかく厚着をしたり、クーラーを避けたり暖房をいれたり、温かいものを飲むなどして、カラダを常に温かい状態にキープしてあげるようにします。免疫力もあがるので、カラダを常に温かくするのは大切なことかと思います。

第四条、お風呂でちゃんと汗をかく



汗をかいていないことで老廃物がカラダの中に蓄積してしまって、ドカ食いを招いてしまってる場合があります。こういったときには老廃物を外に出してやることが必要になってくるのですが、方法としては「お水を飲んで汗をかく」のが一番です。お風呂に入ったり岩盤浴やサウナでもいいですし、スポーツをして汗をかくのも大いにありです。とにかく汗をかいてデトックス、これが肝になってきます。

第五条、アロマを使ってリラックスする



アロマオイルでリラックスするのも1つの方法です。各種アロマオイルが売られているので、それをお肌に塗ったり、あとは食すことが出来るものもあるので、それを飲んだりしてリラックスすることを目指していきます。女性に人気の方法です。

第六条、水分が足りていない状態をなくす



一説によると「喉がかわいているとニセの食欲を誘発しやすい」という話があります。あとは純粋に喉が渇いていると、カラダは苦しい上体になってしまうのでストレスを抱えてしまいます。そんなこともありますので、もしも喉が渇いていると感じたらお水を飲んだり、あとはリラックス効果のあるハーブティを飲むのもいいですね。

第七条、趣味に没頭する



何か趣味に没頭することで、ドカ食いの意識をそらすのもありです。何だかやることがないのでつい食べ物を口にしてしまう!という状態をなくす訳です。趣味なんてないよ~なんてときには、何かこの機会に趣味を見つけるのもいいですね。本屋にいくとたくさんの趣味に特化した本が並べられているのであらゆる本をチェックしていくと、何かしら興味の湧くものが出てくるものです。趣味に没頭している時間ほど楽しいものはありませんよね!


おわりに

今回は「ストレス食いから抜け出す7箇条」というテーマでお話しました。ストレスによるドカ食いは、罪悪感とともにカラダを痛めつけてしまうので、カラダが弱くなってそれがメンタルの弱さにも繋がってしまいます。メンタルが弱くなるとさらにストレスを感じやすくなってドカ食いを招く。このような負のスパイラルに繋がった場合、どこかで断ち切ってやる必要があります。ですので今回紹介した方法を参考にして、ぜひ自分の心と向き合う中でドカ食いを防いでもらえたらと思います。あなたのダイエット成功を心から願っていますね!