こんにちは、日本ダイエット健康協会の認定インストラクター幅ナイスデイです!今回は、「これで解決!食欲を抑える方法~セロトニン編」というテーマでお話したいと思います。

これで解決!食欲を抑える方法~セロトニン編



「ダイエットしたいのにどうしても食べてしまう・・・」「目の前においしいケーキがあると口にいれずにいられない」というダイエット実践者の声をたくさん聞きます。そうなんです、、食欲は意思の力だけではどうしても抑えられないものです。なんといっても人の3大欲求の1つですから!なので僕もダイエットを伝えるときには「気合いと根性で」なんてことは言いません。もっと角度を変えて食欲を抑える方法があるからです。今回はそんな画期的な方法なので、食欲が抑えられなくて困っているときにはぜひ参考にしてみてください。

食欲を抑えるカギはセロトニン?



セロトニンという名前は聞いたことがあるでしょうか。セロトニンとは簡単にいうと人が快感を感じたときに分泌されるホルモンで、これが多ければ多いほど食欲は抑制されると言われています。逆にセロトニンが少なくて不快な状態(ストレスが多い状態)だと、食欲が抑制されず暴飲暴食に走ってしまうと言われています。ですので、食欲を抑えるカギとしては「セロトニンの分泌を促すようにする」というのがまず大きなポイントです。

セロトニンはどうすればたくさん分泌される?



それでは幸せホルモン「セロトニン」はどうすればたくさん分泌されるのでしょうか。いろいろとあるのですが手っ取り早くセロトニンを分泌させるには「汗をかく」のがオススメです。出来ればウォーキングなどの有酸素運動で汗をかきたいところです。もちろんフットサルをやったり各種スポーツで汗を流すのもいいですね。ただ運動嫌いでそういうのはやりたくない、という人も中にはいます。そんなときにはお風呂で半身浴をしたり、あとは岩盤浴にいくのも賢い方法です。ですのでとにかくどうにかして心拍数をあげて汗をかく(1分間に120回の心拍数がいいと言われています)汗をかくことで体内の老廃物がどんどんなくなって、細胞がイキイキします。この結果として幸せホルモン「セロトニン」が分泌されて、食欲も抑制されるということです。


有酸素以外ではどんなときにセロトニンが分泌される?

1、日光を浴びたとき

セロトニンは日光を浴びることで、活性化することがわかっています。夜型の生活をしていると日光を浴びることも少なくなってしまいます。ぜひ日光を浴びるように生活リズムを立て直してみてください。

2、トリプトファンやビタミンB6を摂取する

トリプトファンやビタミンB6を摂取するのもオススメです。トリプトファンは乳製品(牛乳やチーズ、そしてヨーグルトなど)、大豆製品(豆腐や納豆、しょうゆや味噌など)、魚類(カツオやマグロなど)ナッツ類(アーモンドやピーナッツなど)、そしてバナナや卵に多く含まれています。ビタミンB6はサンマやニンニク、レバーやまぐろに多く含まれています。

3、感情が動いたとき

いい意味で感情を動かすのもセロトニンには有効です。例えば「人と会う」「外に出かける」「文化にふれる」「感動する映画を見る」あたりがオススメです。


食欲が抑えられるだけじゃなく快感も得られて一石二鳥



幸福ホルモンセロトニンの分泌を促すのは、無駄な食欲を抑えるだけではなく、幸せな気持ちも一緒に感じることが出来るのでとてもオススメです。幸せを感じながらダイエット出来るって素敵なことですよねー!


おわりに~これで解決!食欲を抑える方法~セロトニン編

ということで今回は「これで解決!食欲を抑える方法~セロトニン編」ということで話を進めてきました。ダイエット中はどうしても食欲との戦いになりがちです。ただ食欲にはホンモノの食欲とニセの食欲が存在します。ニセの食欲が出やすいのはセロトニンが不足しているときです。ですので今回の記事を参考にして、幸福ホルモンセロトニンをどんどん出して、そして無駄な食欲を抑えてダイエット成功に近づいてもらえたらと思います。ダイエット成功を心から願っていますね!以上、日本ダイエット健康協会の認定インストラクター幅ナイスデイがお届けしました。お読みいただきありがとうございました!