こんにちは、日本ダイエット健康協会の認定インストラクター幅ナイスデイです。今回は「これでデブを防げる!炭水化物を食べても太らない3つの方法とは?」というテーマでお話したいと思います。

はじめに


昨今の糖質(炭水化物)制限ダイエットブームによって、炭水化物は太る代名詞となった印象があります。ただその一方で炭水化物好きはあとを絶ちませんし、また脂肪を燃焼するときには少なからず炭水化物は必要といわれています。そこで今回はそんな炭水化物を食べても太らない3つの方法を紹介したいと思います。

炭水化物を食べても太らない3つの方法

1、冷やしてから食べる



炭水化物を食べるときに冷やしてから食べるのがオススメです。そもそも炭水化物を控えた方がいいのは、急な血糖値上昇を招くため。血糖値が高い状態が続くと余分な血糖が体脂肪に形を変えてしまいます。そこで1度冷やして「レジスタントスターチ」に形を変えてから食べるようにします。1度加熱してから冷やしたでんぷんはレジスタントスターチに変わるのですが、これは腸内で食物繊維のように働くので、血糖値が上がりづらくなります。血糖値があがりづらいということは、脂肪の蓄積を防ぐことが出来るということですね。ぜひ参考にしてみてください。

2、卵や納豆とあわせて食べる



ご飯を食べるときにもそのままご飯をいただくのではなくて、少し工夫できるといいです。例えばご飯に納豆と生卵をかける食べ方。こうすることでただ普通にご飯を食べるよりも急な血糖値上昇を防いでくれます。急な血糖値上昇を防げるということは、それだけ脂肪の蓄積を防げるということですね。またご飯を食べるときには、キムチや大根おろし、めかぶと一緒に食べるのも賢い方法です。これらを一緒に食べることでも急な血糖値上昇を防ぐことが出来るので、参考にしてみてください。

3、種類にこだわる



そもそもの種類にこだわるのも素敵な方法です。例えばご飯を食べるのであれば白米ではなく、玄米や雑穀米を選ぶようにします。そうすることで豊富な食物繊維が腸内環境を整えてくれるとともに、血糖値があがりづらい状態を作ってくれます。またパンであれば、全粒粉やライ麦パンをセレクトするようにします。そしてうどんを食べるのであればそばをセレクトするようにします。これらはすべて血糖値があがりづらいかどうか?を基準にしています。血糖値のあがりやすさを示したものを「GI値」というのですが、このGI値が低いものを選ぶのがポイントになります。


おわりに

ということで今回は「これでデブを防げる!炭水化物を食べても太らない3つの方法とは?」というテーマでお話しました。炭水化物は食べ過ぎると太りやすいのは確かですが、その一方でちょっと工夫をすることでおいしく太ることを気にせずに食べることも可能です。ですのでダイエットだからといって炭水化物をゼロにするのではなくて、おいしく食べる工夫をして、炭水化物を楽しんでいけるといいのではないかと思います!


もしストレス食いの傾向があるなら以下の記事もぜひご覧ください(o^^o)

ストレス食いから抜け出す7カ条


それでは以上、日本ダイエット健康協会の認定インストラクター幅ナイスデイがお届けしました。お読みいただきありがとうございました!