こんにちは、

日本ダイエット健康協会
認定インストラクター

幅ナイスデイです!



今日はですね、

「お尻の冷えに注意」

という話をしたいと思います。



手足を冷やさないようにしよう!

というのは
よく言われることかと思いますけど、

同時にぜひ

「お尻」も冷やさないように
して欲しいと思います。



これはなんでかというと
主に2つ良くないことがあるからです。



1つ目の良くないことは、

「代謝が落ちてしまうこと」です。
(内臓を発端として)


お尻と内臓は繋がっているので
お尻を冷やすと内臓も冷えてしまいます。

内臓って代謝とものすごく
関わっている臓器になりますので、

内臓が冷えてしまうと
代謝がものすごく落ちてしまうんですね。


その結果として、
太ってしまうことが考えられます。


あと内臓が冷えると
免疫力も落ちてしまい風邪の原因にも
なってしまいます。


そんなこともあり
お尻は冷やさない方がいい、です。




2つ目の良くないことは、

「足が太くなる原因になること」です。


お尻が冷えて血液の循環が悪くなると
足にも血液が行かなくなって

足にセルライトが出来たりとか
むくみが出来たり、


わかりやすくいうと
足が太くなってしまうんですね。


ということで
お尻を冷やすのには注意です。




ちなみにお尻が冷えやすいのは

駅のホームにある鉄の椅子、
冬とか特に冷たい訳ですけど
それに座ったりとか、


あとはデスクワークをしてるときなんかは
お尻が冷えやすい傾向にあります。




じゃあお尻が冷えたときは
どうすればいいか?ですけど、


3つありまして、



1つ目、一番ベタな分かりやすいのが

「ウォーキング」です。
(あとは踏み台昇降もいいです。)


とにかくお尻を動かして血液の流れを
よくすることがポイントになります。

血液が滞ってしまうと冷えてしまうので、
それを防ぐようにします。



2つ目が「食べ物」です。

生姜とか唐辛子は身体を温めてくれるので、
積極的に摂取するようにします。

生姜を食すときは生姜湯がオススメです。
ジンジャーホットティーなんて
言ったりしますね。


それと根菜類(にんじん、ごぼう、たまねぎなど)
もカラダを温めてくれるので
積極的に食したいところです。




3つ目は「外から温める」です。


例えばお風呂ですね。

お風呂に入るときは
炭酸ガス系の入浴剤だと
より身体を温めてくれます。


あとはホッカイロを
直接貼ってしまうのも手です。

貼る場所としては
「仙骨」が一番のオススメ。


仙骨というのはお尻の上の
骨の部分になります。

ここを温めておくと
お尻を温かく保つことが出来ます。



ということで、

お尻の冷えというのも
ダイエットに大きく関わってくる
部位になりますので、

ぜひ冷やさないように
気にかけてもらえたらと思います!



それでは以上

日本ダイエット健康協会
認定インストラクター
幅ナイスデイ

がお届けしました~


これからもダイエット
楽しんでいきましょう!!



幅ナイスデイ