日本ダイエット健康協会のインストラクター幅ナイスデイです。今回は「【結果にコミット】ダイエット中に超オススメなコンビニメニュー7選」というテーマでお話したいと思います。

はじめに

ライザップで一躍流行になった「結果にコミット」という言葉。コミットというのは、言い換えるとしっかり決断して、ブレることなく常にそれを最優先に考えて行動する、ということです。そこでダイエットにコミット(痩せる、健康体を維持するなど)を考えたときに、コンビニでぜひ手にしたいものを7つ紹介したいと思います。コミットしている訳なので、ぜひお菓子を買うのではなく、ここで紹介する7品を中心にセレクトしていきたいところです!


コンビニではこの7品で結果にコミット!

1、サラダを買って結果にコミット



コンビニで食事を買うときにはサラダをちゃんと買うようにしましょう。理由としては豊富な食物繊維というのもありますが、生のサラダは酵素も豊富で代謝を高めてくれるからです。また例えば肉を食べたとき、腸内細菌の影響で腐敗してしまうのですが、サラダをちゃんと摂取することでその腐敗を防いで、腸内環境を痩せやすい状態(ヤセ菌が多くて、デブ菌が少ない状態)を作り上げてくれます。また最近はキャベツやレタスなど単品ものではなく、ワカメが入っていたり枝豆が入っていたりバリエーションも増えています。そんなこともあり飽きも来づらいので、ぜひコンビニに入ったら真っ先にサラダを手にするようにしたいところです。

2、ナッツを食べて結果にコミット



食物繊維が豊富で良質な油も摂取できるナッツ。アメリカのとある研究では毎日食べると痩せる食品、堂々の第2位にエントリーしていました。(1位はヨーグルト)。くるみはオメガ3脂肪酸という代謝をあげてくるながら不足しがちなものを多く含みますし、その他のナッツもダイエットに有益な栄養素を多く含むものばかりです。ただ注意点としては塩分が含まれているものも多いので、食欲が進んでついつい食べ過ぎてしまうことがあること。ですので食べる量の目安としては、手のひらに軽く乗せた程度、に抑えておくのがポイントです。もしも食べ過ぎてしまうとそれはそれで太ってしまうことがあるので注意が必要です。

3、ビールのおつまみで結果にコミット



ビールのおつまみはダイエットに最適と言われます。もちろん糖質の多く含まれているおにぎりとかではないですよ。今回おつまみというのは、「あたりめ」「するめ」「うずらの卵」などです。これらは高たんぱく低糖質のものが多いので、ダイエット中に不足しがちなたんぱく質をいい感じで摂取できます。これで筋肉の減少による代謝ダウンを防ぐことが出来ます。また、噛み応えのあるものも多いので満腹中枢が刺激されて、食べすぎを防ぐこともできます。あとは漬物に含まれる乳酸菌や、刺身など生ものに含まれている酵素も代謝アップに大きな効果があります。しょうゆも発酵食品なのでいいですしね。ということでビールのつまみを上手に使って結果にコミットするのはとてもいい方法かと思います。


4、大豆を食べて結果にコミット!



納豆や枝豆、そして豆腐や豆乳など、コンビニにはたくさんの大豆製品があります。大豆はイソフラボンも多く含まれていて、イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをして女性らしさが増すこともあり、とくに女性で重宝している人も多い印象です。モデルさんであったり女優さんでも大豆製品を愛用してキレイを維持している人も多いです。注意点としては糖質。大豆だけであれば低糖質なのですが、バニラ味だったりココア味、チョコレート味など食べやすいように加工してあるものは、糖質がたくさん含まれてしまっている場合もあります。糖質が高いものを食べてはダイエット効果も半減してしまうので、成分表を見て、糖質を摂取しすぎないように気をつけたいところです。また豆乳は調整したものより成分無調整のものがいいと言われています。また納豆を食べるときには、タレに糖質がたくさん含まれていることもあるので数滴に抑えておくか、発酵食品である醤油を醤油を使うことがポイントです。


5、チーズを取り入れて結果にコミット!



MECダイエット食といって、ミート(肉)、エッグ(卵)、チーズの3つを食べるダイエット法があります。その3食のうちの1つ、チーズ。食べ過ぎると太るイメージもありますが、適度に食べるのであればむしろ腸内にいい影響を与えてくれます。たくさん食べるのではなく、数口で食べれるものを買って、食べることを習慣づけてもいいと思います。


6、ゆで卵を食べて結果にコミット!



コンビニではゆで卵を食べるのもオススメです。最近では1コ(または2個)という単位で売られていることもあり、手軽に食べることが出来ます。ちなみに卵は必須アミノ酸をすべて含んでいて、ダイエット面だけでなく健康面でもかなりのすぐれものです。以前であればコレステロールを気にして卵を食さない人も多かったのですが、最近ではむしろ積極的に摂取していこうという流れになっています。ということでコンビニでは積極的にゆで卵を選ぶといいのではないかと思います。


7、ヨーグルトを食べて結果にコミット!



コンビニではヨーグルトを選ぶのもいいです。毎日食べると痩せる食品ランキングで「ヨーグルト」が出てくる場合もたくさんあります。できれば無糖がいいですが、多少糖分が入っていても悪くはないと思います(多すぎるのはよくない)。フルーツ入りヨーグルトなどいろいろな種類が出ていますので、効果を確かめつつヨーグルトもぜひ食べて欲しいところです。



おわりに

ということで今回はダイエット結果にコミット!コンビニ食はこれ!というテーマでお話しました。コンビニは手軽にものを買えるのできっと利用頻度は高いと思います。だからこそ今日の話を参考にして、ぜひダイエット成果を出してもらえたらと思います。コンビニも利用内容によってはダイエットを後押ししてくれるので、ぜひ有効活用してみてくださいね!以上、日本ダイエット健康協会の認定インストラクター幅ナイスデイがお届けしました。お読みいただきありがとうございました!