こんにちは、

日本ダイエット健康協会
認定インストラクターの
幅ナイスデイです!


今日のテーマはですね、

ダイエット中に
甘いものをやめられない!
どうしたらいいのー?

っていう悩みを持ってる場合、
その対策法について
お話をしていきたいと思います。


これはですね
鉄板の悩みでございまして、
甘いものを好きな人は多いですよね。

お菓子とかスイーツとか、、、


僕も本来
スイーツ、お菓子は大好きなので
やめられない気持ちは痛いほどわかります。


ただですね、

やっぱりダイエット中は
甘いもの(スイーツとか)は
控えた方がいいです。



なんでかっていうと、
血糖値があがるから。


血糖値があがると
余分な分が蓄えられてしまうので、
極力甘いものは控えたほうが
いい訳です。



じゃあどうやって
その甘いものを断ち切ったらいいのか?

っていう話をしたいと思います。



まず目標としては
「3日間」砂糖を断ち切ると
カラダは砂糖を欲しなくなる

といわれているので、

まずこの3日間集中して
スイーツから距離をおけるように
できるといいんですけども


まずスイーツを食べたい!
っていう欲があるじゃないですか、


これっていうのは
本物の食欲なのか?偽者の食欲なのか?

っていうことなんですね。



本当に栄養が不足してて
食事が不足している、ってときは

スイーツというか
本当の食事(野菜とか肉とか普通の食事)
を食べて欲しいと思うんですけど、


ニセの食欲ってあるんですよ、

カラダは欲していないんだけど
何だか食べたい気がする!的な(笑)


このニセの食欲を
まず退治していきましょうと。


ちなみにニセの食欲って
どんなときに湧いてくると思いますか?


ニセの食欲が沸いてくるとき・・・

どんなときなのか・・・



正解を発表すると、

「喉が渇いてるとき」です。


喉が渇いてるときに
ニセの食欲が湧いてくる
といわれています。


ということで
(本当は食欲がないけど)
なんだかスイーツを食べたい気がする!

ってときは

まず水分を補給するようにしましょう!


僕の体感的には
ちょっと味があった方がよくて

お茶とか夕方前とかだと
ブラックのコーヒーとか、

あとは水でもいいですし
プロテインを飲むのもありです。


そういったものを
水分補給するようにします。


そうすればニセの食欲を
減らすことが出来ます。



次に

「ストレスで甘いものを食べたいとき」

があると思うんですけど

そんなときには
「たんぱく質」を摂取するようにします。



なんでかというと、

たんぱく質を摂ると
脳内の幸福物質、快感物質ですね

「セロトニン」

が分泌されやすくなるんですね。


逆にたんぱく質が不足すると
脳内のセロトニンが不足するので、

甘いものを欲するようになるんです。



ということで

ぜひたんぱく質(肉とか魚とか卵とか)
プロテインでもいいですし納豆とか(大豆)

を積極的に摂取するようにします。



あと

「汗をかいたほうがいい」ですね。

なんでかっていうと
汗をかかないと栄養が全身に
巡らないので、
細胞がイキイキしないんですね。


細胞がイキイキしないと
カラダはもっと栄養を欲しいと
誤った判断をしてしまい、

「食事をしなさい」という
指令を出してしまいます。


その結果として
無駄食いを招いて
しまうことになります。




ということでですね、

ニセの食欲
→喉を潤すことで解決

ストレスで甘いものを食べてしまう
→たんぱく質を摂取

汗をかいた方がいい


という解決法を提案させてもらいました!




ただやっぱり完全に断ち切るのって
難しいと思うんですね。


それまで食べてきたのを
ゼロにするというのはどうしても、、、



で、食べてしまった
罪悪感を感じるくらいであれば

何かしら食べたほうがいいとも思います。

ストレスになるので、、、



じゃあどんなものを
食べたほうがいいか?っていう
話なんですけども、

まずは「チョコレート」です。



え、チョコレート食べていいの?

と思われるかもしれないですけど
条件があります。


それはですね、

ダークのみ!です。ちょっと苦いです。
糖分控え目、ですね。


で、ポイントとしては
カカオ分が高いほうがいいです。

目安としては90%以上、
最低でも70%以上のものを選びます。



チョコレートは
抗酸化物質が含まれていて、

アンチエイジング(老化防止)
そして美肌効果もあるので

一概に悪いとは言えないんですけど

ダークのチョコレートを
食べるのは一つの手ですね。



二つ目は

「黒砂糖」です。

黒砂糖は芸能人の方でも
結構持ち歩いてる人は多くて、


通常の砂糖に比べて
血糖値があがりづらく、

また「オリゴ糖」が
ふんだんに含まれているので
腸内環境を整えてくれて
腸内のデブ菌を減らしてくれます。

※かといって血糖値はあがるので
食べすぎは注意ですが。苦笑


またアンチエイジングの
効果もありますので
甘いものを食べたいときには
オススメです。



三つ目は

「果物」です。


果物って糖分を気にする人も
多いんですけど、

果物の糖分の果糖っていうのは
代謝されやすいエネルギーとして
使われやすいので

そんなに脂肪として
つかない糖質になります。



むしろ果物に含まれる
ビタミンとかミネラルとか
食物繊維とかを考えたときに

逆にそれらがダイエットとしての
効果を見込めるので、

積極的に摂取したい
ものではありますね。


バナナとかイチゴとか
キウイとかパイナップルとか。



ということでですね、今回

甘いものをやめられないときは
どうしたらいいのー?

っていうことをテーマにして
お話をしてきました。



とにかく甘いものを
食べたいからといって、

パフェを超大盛りで食べたりとか
するのではなく


何かしら今日言ったとおり
いろいろと対策をして

ちょっとずつでも
スイーツを断ち切る

まあゼロにしろとは言わないですけど
少しずつでも減らす努力を
(意識づけかな)

を出来ると
良いんじゃないかなと思います!



ということで

日本ダイエット健康協会
認定インストラクターの
幅ナイスデイがお届けしました。


この文章を読んでくれている
あなたのダイエット成功を
心から願っています!!


幅ナイスデイ